マミーズ・エコは山形県東根市のゼロエネルギー住宅・スマートハウスのトータル提案の店。水廻りリフォームからオール電化・太陽光のことならヤマメイへ。

新築住宅 ゼロ・エネルギー住宅

今こそオール電化+太陽光のある暮らしが重要!

これからの住まいは車で言えば、エコカー(ハイブリッド車)です。車が省エネなら、家だって省エネが一番です。
エネルギーの±0(プラス・マイナス0)を目指す、燃費のかからない住まいこそがこれからの住宅【ゼロ・エネルギー住宅(ゼロエネ住宅)】です。
家を買う時はお金がかかっても、住んだ後は光熱費がかからない住まいがこれからの時代には必要です。
原子力発電所が稼働しない今、エネルギー問題は深刻です。今こそしっかり、住まいのあり方を国民一人一人が考えるべきです。
車は買うもの。しかし、家は造るもの。
マミーズ・エコでは一定の次世代省エネ基準をみたした【スマートハウス】を提案しております。
新築はもちろんのこと、【スマートハウスリフォーム(ゼロ・エネルギーリフォーム)】も自信を持って提案いたします。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)家庭での年間エネルギー消費量をおおむねゼロにする住宅のこと。具体的には、建物の断熱性を高め、エアコンの使用量を減らし、効率的な給湯器やHEMSを活用して、消費するエネルギー量を減らします。その分を太陽光発電、燃料電池などでつくった電気を使うことでトータルでゼロにします。

(※Panasonic「HEMSのあるスマートなくらし」パンフレットより)

このページのトップへ

ゼロ・エネルギー住宅の考え方  実際に建てた住宅の光熱費はこちら

ゼロ・エネルギー住宅とは、『住宅の躯体・設備の省エネ性能の向上、再生可能エネルギーの活用等により、年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロまたはおおむねゼロになる住宅』とされています。
一次エネルギー消費量とは、省エネ法で建築設備として位置付けられている、空気調和設備(断熱性能と暖冷房設備)、換気設備、照明設備、給湯設備により消費されるエネルギー量に、太陽光発電システムや太陽熱利用システム、コージェネレーションシステムなどの再生可能エネルギーーの活用によるエネルギー消費削減量を踏まえて算定されます。(下図参照)
つまり、断熱といった躯体性能だけでなく、設備によるエネルギー消費量も含め、家全体のエネルギーを一体でとらえて評価することになり、この一次エネルギー消費量がゼロまたはマイナスになることが求められています。

一次エネルギー消費量の考え方
空気調和設備(断熱性能+暖冷房設備)・換気設備・照明設備・給湯設備+太陽光発電設備などの効果も考慮⇒一次エネルギー消費量を算定し、省エネルギー性能を評価

(※建築環境・省エネルギー機構「省エネ法 住宅事業建築主の判断基準ホームページ」より)

ゼロ・エネルギー住宅の仕様例 IVb地域の場合
木造(在来軸組工法)/太陽光発電:4kw以上 ※傾斜角:20度、方位角:真南から東・西へ15度未満/断熱性能:Q値=2.7w/㎡・k以下/換気:壁付け給気型ファンまたは壁付け排気ファン ※比消費電力=0.2w/(㎥/h)以下/照明:白熱灯を使用していない/給湯:ガス瞬間式(潜熱回収型)給湯器/暖冷房:間欠的に暖房、冷房を行う場合 暖房|LDK:COP=4.6以上、LDK以外:COP=5.9以上 冷房|LDK:COP=3.7以上、LDK以外:COP=5.4以上 ※通風の確保を有すること。

※「住宅事業建築主の判断基準」における一次エネルギー消費量の算定方法などを参考に試算

(※国土交通省資料より)

このページのトップへ

快適・エコ・安心を実現!かしこくエコをかなえるスマートハウス

私たちはそれぞれの住まいで、毎日、電気などのエネルギーを使いながら生活しています。エネルギーがなければ、生活は成り立ちません。
しかし、エネルギーの消費にともなう家庭でのCO2の排出量は、大幅に増加しているのが現状です。
そこで、この問題の解決策として注目されているのが【スマートハウス】
家庭内においてエネルギーをムダなく有効利用できるように工夫された住まいで、省エネや、光熱費の削減を目指すものです。
スマートハウスは、いわば、かしこく(smartに)エネルギーをやりくりし、エコをかなえる住まい。
同じ意味で『エコハウス』と呼ばれることもあります。

スマートハウスの特徴
  1. 太陽光発電などを採用し、自家発電(創エネ)を行うこと。
  2. 蓄電池を備えて、創ったエネルギーを蓄えること(蓄エネ)。電気の自給自足が可能。
  3. 住宅設備や家電機器などを、ICT(情報通信技術)を活用してネットワークで一元管理。
    住まい全体のエネルギーの需給・消費の様子を把握するとともに、エネルギーの使用が最適な状態になるよう、システム制御を行います。
    • PanasonicスマートHEMS 動画を見る
    • HEMS
      (Home Energy Managements System:ヘムス)
  4. 冷暖房の効率を良くし省エネをかなえるため、高気密・高断熱仕様。
  5. エネルギーの消費量が”見える”!『見える化』
    住まい全体の創エネ量、消費量、それらの収支の数値などを把握し、モニター画面で確認可能。
スマートハウスのメリット
  • CO2の排出量を減らす!
    クリーンなエネルギーを使って、住まいで創エネ・蓄エネが可能。
    なおかつエネルギーをムダな効率的に使うので、CO2の排出を大幅に減らすことが期待できます。
  • 停電時や災害時にも安心
    無尽蔵ともいえる自然エネルギーから創エネできるシステム、畜エネできる蓄電池を設置することで、停電時や災害時にも備えることができます。
  • 家族でエコを楽しめる
    各家庭のエネルギーの使用状況が『見える化』されることによって、住まう人のエネルギーへの興味が喚起されます。
    わが家のエネルギー情報を知ることをきっかけに、家族で会話したり、楽しさの可能性が広がるでしょう。
    また、エネルギー情報をもとに新たに便利なサービスを検討したり、さまざまなかたちで情報を活用できるようになります。
  • エネルギーの自給率がアップ!
    わが国のエネルギー自給率は4%(原子力を含むと18%)と、極端に低いことが懸念されています。
    この問題を解決するにあたって、ひとつは省エネを徹底して行うことが必要です。
    また、これまで主なエネルギー源が原子力と化石燃料の2つであったところに、自然エネルギー(太陽光・太陽熱・風・流水・地熱など)を加え、その割合を増やしていこという動きがあります。
    スマートハウスでは、自然エネルギーを使って各家庭で創エネ。
    さらに省エネも徹底できる設備・家電や全体の制御システムで、エネルギーの自給率をアップさせることができます。
  • より便利に、快適に
    これまでは省エネなどエコロジーのために、生活のなかで何かを我慢したり、犠牲にしたりすることが多くありました。
    新しい住まいのかたちであるスマートハウスは、暮らしの便利さ・快適さとエコロジーを両立させる住まい。
    建物や設備、家電、制御システムしてくれるので、住まう人はラクラク。スマートハウスで暮らすこと自体がエコロジーなのです。

このページのトップへ

エネルギーの『見える化』

これまでは検診によって調べられていたエネルギーの使用量。これからは、家族がいつでも家で確認できるようになります。

住まい全体の創エネ量、消費量、それらの収支の数値などがモニター画面(テレビ・パソコン・専用パネルなど)に映し出され、確認できることをエネルギーの『見える化』といいます。
HEMS(ヘムス)の機能のひとつで、専用システムを導入することで実現します。
電気料の使用量をはじめ、太陽光発電の発電量、燃料電池(またはガス発電)の発電量、ガスの使用量、電力収支、CO2収支、さらには水の使用量、光熱費の目安など、住まいでのエネルギーに関するあらゆる情報を”見る”ことが可能です。

※HEMS(Home Energy Management System:ホームエネルギーマネジメントシステム)
家庭で使うエネルギーをかしこく管理するシステムのこと。
家電や電気設備とつないで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで『見える化』したり、家電機器を『最適に制御(マネジメント)』したりします。

無駄なエネルギーも見えてくる!

家中のエネルギーを消費している場所や時間もわかり、ムダに消費しているエネルギーを知ることができる点が『見える化』の大きなメリット。
これによって家族の省エネ意識がより高まります。

『見える化』のモニター画面例

(※パナソニック「ECOマネシステム」より)

このページのトップへ

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの補助金

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの建設が補助金でおトクに!
住宅の省エネ化をさらに推進するため、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの普及促進を図るための補助金制度。
平成28年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」一般公募について
補助金額および上限額

1.補助対象住宅

交付要件を満たす住宅
一戸あたり 定額 125万円(地域区分・建物規模によらず全国一律)

・交付要件を満たし、寒冷地特別外皮強化仕様(1、2地域において外皮平均熱貫流率(UA値)0.25以下)の住宅
一戸あたり 定額 150万円

(Nearly ZEHとして、設計一次エネルギー消費量が、再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から75%以上削減されている住宅の場合は、定額 125万円)

2.蓄電システム

補助対象として採択されるZEHに蓄電システムを導入する場合には、補助金額を以下のとおり加算します。

蓄電システムの補助額:蓄電容量※2 1kWh当たり5万円
蓄電システムの補助額上限:補助対象経費※3 の1/3または50万円のいずれか低い金額

  • ※1 蓄電システムの要件は「設備等の要件および補助対象設備等一覧」(公募要領P12参照)をご確認ください。
  • ※2 補助額計算上は蓄電容量小数点第二位以下は切り捨てとなります。
  • ※3 補助対象経費とは本体および設置工事費の合計を指します。

    設置工事費は、蓄電システムの据え付けに必要な接続端子までを補助対象とします。

    なお、補助対象工事項目であっても、他の工事と切り分けられない場合は補助対象外とします。

スケジュール

■ 公募開始

一次公募 平成28年 4月28日(木)~ 平成28年5月20日(金)17時必着
二次公募 平成28年 5月23日(月)~ 平成28年6月10日(金)17時必着
三次公募 平成28年 6月13日(月)~ 平成28年7月1日(金)17時必着
四次公募 平成28年 7月4日(月)~ 平成28年7月22日(金)17時必着
五次公募 平成28年 7月25日(月)~ 平成28年8月12日(金)17時必着
六次公募 平成28年 8月15日(月)~ 平成28年9月2日(金)17時必着

■ 交付決定

一次公募 平成28年 6月下旬(予定)
二次公募 平成28年 7月中旬(予定)
三次公募 平成28年 8月上旬(予定)
四次公募 平成28年 8月下旬(予定)
五次公募 平成28年 9月中旬(予定)
六次公募 平成28年 9月下旬(予定)

※申請が集中した場合等は交付決定が遅れる場合があります。

詳しくはこちら https://sii.or.jp/zeh26r/first.html
平成28年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」ZEHビルダー公募について
ZEHビルダー公表予定日 SIIでは確認が完了し、適正であると認めた登録申請者に対して、ZEHビルダーとして登録し、下記の期日に公表します。
第1回公表:平成28年4月22日(金)
第2回公表:平成28年5月13日(金)
第3回公表:平成28年6月中旬(予定)
第4回公表:平成28年7月上旬(予定)
第5回公表:平成28年7月下旬(予定)
第6回公表:平成28年8月下旬(予定)
第7回公表:平成28年9月下旬(予定)
第8回公表:平成28年10月下旬(予定)
第9回公表:平成28年11月下旬(予定)
第10回公表:平成28年12月下旬(予定)
第11回公表:平成29年1月下旬(予定)
第12回公表:平成29年2月下旬(予定)

※審査に関する個別の問合せについては、一切、応じられませんのであらかじめご了承ください。

詳しくはこちら https://sii.or.jp/zeh28/builder.html
  • 年間の一次エネルギー消費量 削減後の一次エネルギー消費量を太陽光発電等による創エネにより相殺
  • ゼロ・エネルギー住宅イメージ
エコライフ ヤマメイへ資料請求はこちら

HEMSや太陽光、補助金に関する資料をお送りいたします。資料請求はこちら。