マミーズ・エコは山形県東根市のゼロエネルギー住宅・スマートハウスのトータル提案の店。水廻りリフォームからオール電化・太陽光のことならヤマメイへ。

電気のしくみ

東北電力、電気料金値上げ (2013/9/1~) に伴うオール電化住宅の今

  • 東北電力より、2013年9月1日から新たな電気料金値上げのお知らせを知っていますか?
    今回の電力の値上げの一番のターゲットゾーンにいるのは『やりくり8』契約のお客様です。次に『やりくり10』契約のお客者様です。

    2013年9月以降初めて冬を迎え、お客様より話を聞いてみると、特に蓄熱暖房をご利用のお客様が、確実に冬場の電気料金が6,000円~20,000円/月(家族構成による)もUPしているようです。
    今こそしっかり電気代をチェック!していく必要があります。

    右にあるのが、実際値上げがあってから初めての冬の請求書がきたお客様の資料です。
    値上げパーセンテージではよくわかりませんでしたが、実際金額にしてみると実にショックな内容です。
    これは、助けなければと思ってしまいました。
    同居していると、親が払ってくれますが、実際自分の世代になったとき、払えるのか?と疑問になります。皆さんも自分のこととして、真剣に考えていきましょう!

  • オール電化+太陽光発電

    ※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

    【省エネに最適な電気料金のしくみ】「電気ご使用量のお散らせ」の見方はこちら

資料1

時間帯別電灯の昼間・夜間時間のご使用量(イメージ)
  ご契約内容 旧単価でのお支払額 新単価でのお支払額 値上げ影響額
ご家庭の
お客様の例
ご家庭のお客様の例
従量電灯B
ご契約電流 30A
ご使用量 280kWh
6,720 円/月 7,050 円/月 330 円/月
4.91%の値上げ
時間帯別電灯A やりくりナイト8
ご契約容量 6kVA | ご使用量 640kWh
[昼間時間385kWh/夜間時間255kWh]
エコキュート 2kVA
13,423 円/月 14,998 円/月 1,575 円/月
11.73%の値上げ
時間帯別電灯B やりくりナイト10
ご契約容量 6kVA | ご使用量 640kWh
[昼間時間340kWh/夜間時間300kWh]
エコキュート 2kVA
13,580 円/月 15,067 円/月 1,487 円/月
10.95%の値上げ
店舗などの
お客様の例
店舗などのお客様の例
従量電灯C
ご契約容量 13kVA
ご使用量 1,100kWh
30,092 円/月 33,364 円/月 3,272 円/月
10.87%の値上げ
低圧電力
ご契約容量 6kW
ご使用量 350kWh(力率90%の場合)
11,176 円/月 11,862 円/月 686 円/月
6.14%の値上げ
  1. やりくりナイト8「夜11時から翌朝7時まで」の夜間時間帯(8時間)の電気を上手に利用する料金メニューです。
  2. やりくりナイト10「夜10時から翌朝8時まで」の夜間時間帯(10時間)の電気を上手に利用する料金メニューです。
  3. 表中のご使用量は、平成23年度実績に基づくものです。ただ、時間帯別電灯については、エコキュートを設置したモデルです。
  4. 新旧単価でのお支払額を同じ条件で比較するため、旧単価でのお支払額には、申請時の燃料費調整単価(平成25年3月分)を含みます。
  5. 実際の新単価でのお支払額には、毎月変動する燃料費調整単価が反映されます。
  6. 新旧単価でのお支払額には、消費税等相当額、平成25年5月分から変更となった再生可能エネルギー発電促進賦課金および太陽光発電促進付加金を含みます。(旧単価でのお支払額は、申請時にお示ししたものとは異なります。)
  7. 低圧電力のお支払額の算定には、「その他季」の電力量料金単価を適用しています。

もっと快適で、経済的な暮らしをサポート!

よりそうプラスシーズン&タイム

エアコンやエコキュートなどのヒートポンプ機器を、もっと上手に活用したいお客さまにぴったり!

よりそうプラスシーズン&タイム

区分 単位 単価(税込)
基本料金 主開閉器契約 10kVA以下の場合 1契約 1,944円00銭
上記をこえる 1kVA 432円00銭
実量契約 10kW以下の場合 1契約 2,662円20銭
上記をこえる 1kW 594円00銭
電力量料金 昼間 冬季ピーク(12~2月、16~18時) 1kWh 42円36銭
夏季ピーク(7~9月、10~17時) 1kWh 42円36銭
その他季ピーク(3~6月、10~11時・10~17時) 1kWh 38円50銭
オフピーク
(冬季:8~16時、18~22時)
(夏季・その他季:8~10時、17~22時)
1kWh 26円24銭
夜間 1kWh 11円22銭

●電気料金には、上記の料金の他に燃料費調整額および再エネ発電促進賦課金等が加算されます。

  • ポイント1
  • 一般のご家庭向けのプランである「重量電灯B」が3段階の電力量料金となっているのに対して、「よりそうプラス シーズン&タイム」は季節別・時間帯別に一定の電力量料金となっているため、ヒートポンプエアコンなどがおトクにご利用いただけます。
  • ポイント2
  • 洗濯乾燥機、食器洗浄機などはタイマー機能で、電力量料金単価のおトクな夜間時間帯にまとめて使うのがおすすめ!

共働きなどで、日中ご不在がちなご家庭に!

よりそうプラスナイト

「朝にゆっくり家事をしたい」「夜に趣味の時間を持ちたい」お客様にぴったり!

生活時間帯にあわせて、電気料金がおトクな夜間時間が10時間、8時間のプランもご用意しています。

よりそうプラスナイト

区分 単位 単価(税込)
基本料金 主開閉器契約 6kVA以下の場合 1契約 1,404円
00銭
6kVAをこえる場合の最初の10kVA 1契約 1,944円
00銭
上記をこえる 1kVA 324円
00銭
実量契約 6kW以下の場合 1契約 1,922円
40銭
6kWをこえる場合の最初の10kW 1契約 2,662円
20銭
上記をこえる 1kW 442円
80銭
電力量料金 昼間 最初の70kWhまで 1kWh 25円
95銭
70kWhをこえて170kWhまで 1kWh 35円
40銭
170kWhをこえる 1kWh 40円
92銭
夜間(21時~9時) 1kWh 11円
71銭
区分 単位 単価(税込)
基本料金 主開閉器契約 6kVA以下の場合 1契約 1,404円
00銭
6kVAをこえる場合の最初の10kVA 1契約 1,944円
00銭
上記をこえる 1kVA 324円
00銭
実量契約 6kW以下の場合 1契約 1,922円
40銭
6kWをこえる場合の最初の10kW 1契約 2,662円
20銭
上記をこえる 1kW 442円
80銭
電力量料金 昼間 最初の80kWhまで 1kWh 23円
57銭
80kWhをこえて200kWhまで 1kWh 32円
15銭
200kWhをこえる 1kWh 37円
16銭
夜間(22時~8時) 1kWh 11円
22銭
区分 単位 単価(税込)
基本料金 主開閉器契約 6kVA以下の場合 1契約 1,404円
00銭
6kVAをこえる場合の最初の10kVA 1契約 1,944円
00銭
上記をこえる 1kVA 324円
00銭
実量契約 6kW以下の場合 1契約 1,922円
40銭
6kWをこえる場合の最初の10kW 1契約 2,662円
20銭
上記をこえる 1kW 442円
80銭
電力量料金 昼間 最初の90kWhまで 1kWh 21円
69銭
90kWhをこえて230kWhまで 1kWh 29円
58銭
230kWhをこえる 1kWh 34円
19銭
夜間(23時~7時) 1kWh 10円
92銭
  • ポイント1
  • 昼間にしている家事を、21時~9時の時間帯にシフトするだけで電気代がおトクに!
    IHクッキングヒーターなら忙しい朝も、手早く調理、ささっと後片付け。

資料2

  • 時間帯別電灯Aの昼間・夜間時間の値上げ率

    時間帯別電灯Aの昼間・夜間時間の値上げ率 値上げ率が同程度の場合、値上げ率が大きくなる

    ※旧単価には、平成25年3月分の燃料費調整単価を含んでいます。

  • 資料1をみて、お気付きかと思いますが、やはりオール電化の「やりくりナイト8」契約と「やりくりナイト10」契約は値上げのターゲットゾーンに思いっきりいることがわかりますよね?

    5年前は、オール電化が安いと言われてきましたが、今はオール電化だけで新築を引き渡すのはまずいと思います!

    光熱費は、なるべく安いほうがいいんです。
    やり方一つで、エコな暮らしが手に入る時代になりました。
    エコカーを買うようにエコハウスを提案しましょう。
    今からは、絶対、ゼロエネルギー住宅です。
    電気のしくみをしっかり学んで、『太陽光+オール電化』の暮らしの提案をしていきましょう。

    資料2を見るとわかるように、やりくりナイト契約で昼の電気は6.95%、深夜が24.21%の値上げ率となっており、冬の電気代が急激に上がっているという情報を受けております。
    現在、当社のお客様に確認を取っている最中ではありますが、話を聞いてみると、深夜電力だけでも6,000円から、昼の電気も含めると約20,000円くらい電気料金が月額で上がっているようです。
    そのため、ここにきて太陽光発電蓄電池のお問い合わせがとても多くなってきています。

    さあ、みなさん!あまり見ていなかった電気検針票をじっくりみて、十分検討してみてください。
    まずは、パナソニックさんのエネピタで光熱費をチェックしてみましょう!

資料3

  • 3段階料金のイメージ(従量電灯Bの場合)

    3段階料金のイメージ(従量電灯Bの場合)

  • 早速、お客様の検針票をみて、勉強してみましょう!

    東北電力さんの電気のしくみなのですが、戦後から変わっていないスタイルで、電気を使えば使うほど、請求金額が高くなる、3段階メニューというものがあります。(参照:資料3)

    これを知った上で、もう一度検針票を見てみましょう。

    3段階のうちの3段目が1番高い請求になっているでしょう?
    オール電化+太陽光のお客様はこの3段目の料金メニューに突入してこないでの、実は請求書が安いというわけです。

オール電化住宅の値上がりした例
  • オール電化住宅の値上がりした例

    画像を拡大して見る

  • ■ オール電化のみ

    エコママ

    [新築・オール電化・蓄熱暖房3台・エアコン4台 5人家族]
    こちらのお宅は、日中家には祖父と孫と娘がいます。

    昨年の9月からの値上がりと消費税の値上がりが重なり、電気料金は非常に上がっています。
    左の料金表をみてみましょう。
    昨年の電気代が下のところに記入されていますよね。
    昨年と今回の請求を比べてみるとわかるように、電気料金は今年の2月だけでも22,840円UPとなっています。
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
買電 30,992 30,159 19,317 18,990 20,983 15,596 23,753 29,171 44,348 51,960 40,389 39,528 365,186

(単位:円)

  • オール電化+太陽光発電

    画像を拡大して見る

  • ■ オール電化+太陽光発電

    エコママ

    [新築1年・オール電化・蓄熱暖房3台・エアコン4台 5人家族]
    こちらのお宅は、共稼ぎの家で、日中は誰も家にいません。

    上記と同じ蓄熱暖房を3台持っているお客様で、同じ平成26年2月の光熱費で比べてみると、やはり値上げになっているにもかかわらず、光熱費グッ安いのです!
    それには理由があり、検針票を見てみるとわかるのですが、夜間は非常にたくさんの電気を使っていますが、昼間の電気使用量は非常に少ないことに気付きます。
    ポイント ここがポイント!
    日中は太陽光の電気をつかっているので、東北電力さんより電気買っていないことになるのです!!
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
買電 13,918 3,444 2,158 2,513 2,827 2,954 4,025 14,557 22,229 33,232 35,144 26,344 16,3345
売電 20,916 9,534 27,006 19,110 20,496 17,934 20,370 10,416 6,384 3,696 5,292 10,542 171,696

(単位:円)

  • オール電化+太陽光発電

    画像を拡大して見る

  • ■ 一般住宅と「オール電化+太陽光発電」住宅の電気料金の比較
    次はオール電化だけの家との比較だけではなく、一般住宅の電気代とも比べてみましょう。
    やはり、一般住宅は夜間電力がない暮らしなので、一気に電気料金は3段目の料金メニューにいってますよね。
    さらに検針票をよくみると、一般住宅の検針票よりも「オール電化+太陽光」の暮らしの人の検針票の方が、使用量のワット数が多いにもかかわらず、請求金額はやく4,000円安いんです。
    ポイント ここがポイント!
    やはり、太陽光を設置していれば、3段階メニューの3段目にいかない!
    ここが一番重要なんですねぇ~♪
    安くなった上に、16,512円入金がありました!
    本当に太陽光様々です。絶対に「知らないと損」しますよ。この情報!

このページのトップへ

2年後の『電気小売り自由化』決定に伴う、これからの住まいのあり方

2016年「電力小売りの全面自由化」が計画されています

「電力の小売りの全面自由化」が実施されることで、全ての電力消費者が従来の電力会社以外の事業者(新電力)からも電気を買うことができるようになり、自由に電力を選べるようになります。
また、スマートメーターを設置することで、契約した電力会社の時間帯別料金メニューに対応し、料金が安くなったり、さまざまなサービスが提供されることもあります。

第1段階 広域系統運用:地域を超えて電気を融通 ※2013年11月13日閣議決定 第2段階 小売全面自由化 各家庭で電力会社や料金メニューを自由に選択 ※2013年11月13日閣議決定 第3段階 発送電分離:配送電網を中立・独立に電気料金の規制撤廃 ※2015年に法案提出予定

エネルギー政策の動き エネルギーの問題を解決するため、これからはスマートメーターやHEMSの導入が検討されています。
  • 2016年までにスマートメーターを総需要の8割に。2020年までに標準的な新築住宅でネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)を実現。2030年までにHEMSを全世帯に設置。
  • スマートメーターとは、通信機能や制御機能をもつ次世代電力メーターのことです。
    全国の一般家庭などに約7,700万台設置されている現在のメーターは、検針員が各家庭を訪問して手作業で検針していますが、スマートメーターに代わると、デジタルで使用電力量を計測し、30分毎にデータを電力会社に自動送信されます。
    2016年には総需要の8割、2024年度には全家庭に設置される予定です。

スマートメーターとHEMSを連携することで、家庭と電力会社双方の電力バランス調整が可能になります。

スマートメーターとHEMSがつながることで、さらに付加価値がアップ。お客様のメリット。
  • 多様な料金メニューに対応。ムリのない節電ができます。スマートメーター+HEMSで家電・機器を最適制御。時間帯別料金メニューに対応し、電気料金が安い時間を優先した制御が行えます。エアコンは料金が高い時間帯は冷房28℃、暖房20℃で運転。洗濯乾燥機・食器洗い乾燥機は料金が一番安い時間帯に自動運転。電気自動車・蓄電池は料金が一番安い時間帯で充電。
  • ピーク時の使用を抑制。大規模な停電を防ぎます。スマートメーター+HEMSでデマンド・レスポンスに対応。電力の需要がひっ迫した場合、その地域の家庭に設置したエアコン(例えば、ECHONET Lite対応のもの)の設定温度を自動的に制御します。(例えば、冷房時は28℃暖房時は20℃に。)

(※Panasonic「HEMSのあるスマートなくらし」パンフレットより)

このページのトップへ

HEMSでモニター画面で家中の電気をチェック『かしこく使う』

HEMSは、これからの暮らしに欠かせない設備です。
  • HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)
  • 家庭で使うエネルギーをかしこく管理するシステムのこと。
    家電や電気設備とつないで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで『見える化』したり、家電機器を『最適に制御(マネジメント)』したりします。

    政府は2030年までにすべての住まいにHEMSを設置することを目指しています(※)
    将来、HEMSが1家1台の時代になります。

    (※平成24年「グリーン政策大綱」(内閣官房 国家戦略室)より)

    PanasonicスマートHEMS 動画を見る

このページのトップへ

太陽光発電で、節約してから余った電気は売電する『つくる』

光熱費をとことん節約したいなら、太陽光発電+エコキュート・IHの組み合わせを。

昼は太陽光発電、夜は安い夜間電力でエコキュート。上手に組み合わせて、朝から晩までとことん節電。ガスと電気をどちらも使う今の暮らしと比べて、光熱費の大幅ダウンが期待できます。

「太陽光+エコキュート+IH」にした場合の光熱費予測

太陽光発電とエコキュート、IHを組み合わせると、光熱費は大幅ダウン。
例えば「電気(通常料金)+都市ガス」に比べ、約93%もカットが期待できます。

  • オール電化住宅+太陽光発電住宅:光熱費約70%削減/オール電化住宅+太陽光発電住宅:光熱費約93%削減
  • ※左のグラフには機器費用、工事費用は含まれておりません。

    ※東京で4LDKの一戸建て住宅に住む4人家族を想定しています。
    ※実際の経済効果と異なる場合があります。節約を保証するものではありません。

    ↓光熱費がどのくらい節約できるか、【エネピタ】でチェック!

    パナソニックの光熱費シュミレーション「エネピタ」太陽光発電システム+省エネ設備

    太陽光発電システム 動画を見る 補助金あり!

太陽光発電による光熱費(電気代)削減額 約58,000円/年+太陽光発電による売電額 約110,000円/年+オール電化による光熱費削減額 約56,000円/年=トータルでトクした金額 約224,000円/年


固定価買取制度で経済的。
平成28年度の買取制度について

↓国による買取制度について説明します。詳しくは資源エネルギー庁のホームページでご確認ください。
http://www.enecho.meti.go.jp/saiene/kaitori/

■ 再生可能エネルギーの固定価格買取制度(平成28年度)

太陽光発電システム 買取金額(1kWh当たり) 買取期間
10kW未満(余剰買取) 出力制御対応機器設置義務なし:売電価格31円
出力制御対応機器設置義務あり:売電価格33円
10年
10kW以上 24円 20年
10kW未満(ダブル発電・余剰買取) 出力制御対応機器設置義務なし:売電価格33円
出力制御対応機器設置義務あり:売電価格35円
10年

(※Panasonic「発電量トップクラス。」より)

このページのトップへ

蓄電池で深夜電力を貯めて日中も安い電気を使う『ためる』 補助金あり!

太陽エネルギーは『創って蓄える』時代へ
蓄電池市場は2020年度には2011年度の40倍の規模になると予想されています。

定置用蓄電池市場規模予測

安い深夜電力を上手に利用して、太陽光による売電量を増やすことが出来ます。
押し上げ効果なしの場合:押し上げ効果なしの場合

太陽光発電で使用電力がまかなえている間は放電せず、まかなえない時間帯の電気を蓄電池でカバー。
購入電力を減らし、大きく節電できるタイプです。

  • 太陽光発電単独買取単価で経済メリット!
  • 太陽光の不足分をカバーしながら上手に節電貢献できます
  • 経済効果:購入電力減 節電貢献
  • 買取単価(税込):37円/kWh(太陽光発電単独単価)

※グラフは晴れた日のイメージです。

(※「太陽エネルギーは創って蓄える時代へ」より)

このページのトップへ

補助金制度を活用する

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの建設が補助金でおトクに!
住宅の省エネ化をさらに推進するため、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの普及促進を図るための補助金制度。
平成28年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」一般公募について
補助金額および上限額

1.補助対象住宅

交付要件を満たす住宅
一戸あたり 定額 125万円(地域区分・建物規模によらず全国一律)

・交付要件を満たし、寒冷地特別外皮強化仕様(1、2地域において外皮平均熱貫流率(UA値)0.25以下)の住宅
一戸あたり 定額 150万円

(Nearly ZEHとして、設計一次エネルギー消費量が、再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から75%以上削減されている住宅の場合は、定額 125万円)

2.蓄電システム

補助対象として採択されるZEHに蓄電システムを導入する場合には、補助金額を以下のとおり加算します。

蓄電システムの補助額:蓄電容量※2 1kWh当たり5万円
蓄電システムの補助額上限:補助対象経費※3 の1/3または50万円のいずれか低い金額

  • ※1 蓄電システムの要件は「設備等の要件および補助対象設備等一覧」(公募要領P12参照)をご確認ください。
  • ※2 補助額計算上は蓄電容量小数点第二位以下は切り捨てとなります。
  • ※3 補助対象経費とは本体および設置工事費の合計を指します。

    設置工事費は、蓄電システムの据え付けに必要な接続端子までを補助対象とします。

    なお、補助対象工事項目であっても、他の工事と切り分けられない場合は補助対象外とします。

スケジュール

■ 公募開始

一次公募 平成28年 4月28日(木)~ 平成28年5月20日(金)17時必着
二次公募 平成28年 5月23日(月)~ 平成28年6月10日(金)17時必着
三次公募 平成28年 6月13日(月)~ 平成28年7月1日(金)17時必着
四次公募 平成28年 7月4日(月)~ 平成28年7月22日(金)17時必着
五次公募 平成28年 7月25日(月)~ 平成28年8月12日(金)17時必着
六次公募 平成28年 8月15日(月)~ 平成28年9月2日(金)17時必着

■ 交付決定

一次公募 平成28年 6月下旬(予定)
二次公募 平成28年 7月中旬(予定)
三次公募 平成28年 8月上旬(予定)
四次公募 平成28年 8月下旬(予定)
五次公募 平成28年 9月中旬(予定)
六次公募 平成28年 9月下旬(予定)

※申請が集中した場合等は交付決定が遅れる場合があります。

詳しくはこちら https://sii.or.jp/zeh26r/first.html
  • 年間の一次エネルギー消費量 削減後の一次エネルギー消費量を太陽光発電等による創エネにより相殺
  • ゼロ・エネルギー住宅イメージ
リチウムイオン蓄電池・HEMS機器導入支援事業 蓄エネやエネルギー見える化の関連機器の導入補助金でおトク!
■ 定置用リチウムイオン蓄電池
補助金額 (1)購入金額が基準価格を上回る場合→購入金額と目標価格の差額の1/3
(2)購入金額が基準価格と同等もしくは下回る場合
(3)(2)の場合で、補助額が購入金額の1/3を下回る場合→購入金額の1/3(上限100万円)
条件 Sii認定商品が対象
当社対象商品 パナソニック リチウムイオン蓄電システム(5.0kWh、3.2kWh、1.6kWh)
創蓄連携システム(4.65kWh)
■ HEMS(家庭用エネルギー管理システム)
申請期間 平成26年3月17日~9月30日
補助金額 機器代の1/3(最小1万円~最大7万円)
条件 Siiが指定するHEMS機器を住宅に設置すること
商品 パナソニック スマートHEMS

↓詳細は、Sii(一般社団法人環境共創イニシアチブ)のホームページをご確認ください。
https://sii.or.jp/

このページのトップへ

エコライフ ヤマメイへ資料請求はこちら

HEMSや太陽光、補助金に関する資料をお送りいたします。資料請求はこちら。

補助金事業と共に歩む エコライフ ヤマメイ 補助金提案実績

私たちは、お客様にいいモノを安く提供するために、国の補助金を最大に活用し、提案してまいりました。
過去の実績を見ていただくとわかりますが、すべて、テーマは省エネ、またはゼロエネルギー住宅に向かっています。
新築、リフォーム、ありとあらゆる場面でなるべく初期投資を抑える努力をしてまいります。
これからも、いろいろとお問い合わせ、ご相談とお声掛けください。
随時、情報をUPしていきますので、チェックよろしくお願いします。

2004年(H16) エコキュート補助金
2005年(H17) エコキュート補助金
2006年(H18) エコキュート補助金
2007年(H19) NEDO 省エネ断熱リフォーム補助金(経産省)
※NEDO(ネド):新エネルギー・産業技術総合開発機構
2008年(H20) NEDO 省エネ断熱リフォーム補助金(経産省)
既存住宅・建築物省エネ改修緊急推進事業(国交省)
2009年(H21) 太陽光発電システム補助金
リフォーム補助金
NEDO 省エネ断熱リフォーム補助金(経産省)
既存住宅・建築物省エネ改修緊急推進事業(国交省)
2010年(H22) 太陽光発電システム補助金
リフォーム補助金
NEDO 省エネ断熱リフォーム補助金(経産省)
2011年(H23) 太陽光発電システム補助金
リフォーム補助金
2012年(H24) ゼロエネルギー住宅(国交省)
HEMS補助金
太陽光発電システム補助金
リフォーム補助金
2013年(H25) ゼロエネルギー住宅(国交省)
HEMS補助金
太陽光発電システム補助金
リフォーム補助金
2014年(H26) ゼロエネルギー住宅(国交省)
HEMS補助金
リフォーム補助金
2015年(H27)
2016年(H28)
2017年(H29)
2018年(H30)
2019年(H31)
2020年(H32)
 ↓
電気の小売り自由化予定スタート
 ↓
 ↓
 ↓
ゼロエネルギー住宅へ向かう